同窓会概要

同窓会長挨拶

創立100周年に向けて

H30.11.1
同窓会長
阿部伸一郎

我々の母校、恵那高校は、大正11年に開校した旧制恵那中学校を祖とし、今日に至っております。
その恵那中学の創立から数え90有余年。この間、質実剛健と文武両道を校是とし各界に優秀な人材を輩出し、当地域のリーディング校としての地位を不動のものとして来ました。
この誇り高き母校は、4年後の2022年に晴れて創立100周年を迎えます。
節目をきっちりとしておくことは、大切なことです。100年という長い歳月を費やし築き上げられた輝かしい伝統を振り返ると共に、その上に更なる栄光の歴史を積みうる、しっかりとした節目を残すことが、今を生きる我々卒業生に与えられた使命です。
これから4年の歳月を費やし、一人でも多くの同窓生の巻き込みを図り創立100周年という一大事業を成功に導くための準備を進めて参ります。
大変微力な私ではありますが、一意専心会長としての責務を全うする覚悟であります。何とぞ、皆々さま方の一層のご理解、ご支援を賜らんことをお願い申し上げます。

校長あいさつ

H30.11.1
岐阜県立恵那高等学校校長
纐纈康雄

人口減少、少子高齢化、グローバル化、人工知能の発達などで、不透明な時代になると言われています。現在、高大接続改革、大学入試改革が進行しており、高校生には「未来の創り手となるために必要な知識や力」が求められています。具体的には、「生きて働く『知識・技能』」、「未知の状況にも対応できる『思考力・判断力・表現力』」、「学びを人生や社会に生かそうとする『学びに向かう力・人間性等』」の3つが求められています。
本校の生徒は文武両道を目指し、学習はもちろんのこと、部活動、城陵祭などでのクラス活動やボランティア活動などを通じてこのような力を着実に身に付けています。特に、思考力・判断力・表現力が身に付く探求型の学習は、普通科の「生き方我が道」(総合的な学習の時間)や理数科の「課題研究」において他校に比べて高いレベルで行われており、本校の大きな特徴であり強みとなっています。木股健二氏のご寄付によって、留学などが体験できる「恵那地球塾」という魅力も増えました。同窓会の皆様のご理解・ご支援を賜りながら、世界に羽ばたく人や地域を支える人を目指して、恵那高生は様々な活動に励んでいます。

ページ上部へ戻る